TEAM RINCON

宮内謙至
宮内謙至
福田治
MIKE
市東重明
岡崎生水
岡崎生水

 

  

宮内謙至

Kenji Miyauchi(宮内謙至)

20年前、ロングボードを愛するヤングサーファー、「ショーロク」をサポート。
それから18年が過ぎ、6年連続のJPSAグランドチャンピオンのタイトルを持つ
スタイリッシュな大人のロングボーダー「宮内謙至」と2009年に再び契約。
時代とともに変化し、サーフィンカルチャーの先駆者となっているのが宮内謙至だ。

BIRTH:1971.7.11 HOMETOWN:Fujisawa Kanagawa

  

福田治

Osamu Fukuda(福田治)

徳島をホームグラウンドとして活躍。サーフィン中心の生活を送っている。
コンテスト以外にも、小松海岸のビーチクリーンなどを積極的に行うなど、地域活動にも力を入れている。プロロングボーダーだが、ショートボードでもプロ級の腕を持つマルチサーファー。

BIRTH:1978.2.7 HOMETOWN:Tokushima

  

MIKE

MIKE

マイケル・トロクアト・デ・ニコラはオレンジ・カウンティで生まれてから今日までずっと海のそばで育ち、サーフィンとアートの世界を通じて成長してきました。マイケルは12歳でサーフィンを始めると、19歳にはアメリカの代表選手に選ばれた後、彼はアメリカの代表選手からの初めての大卒プロサーファーの成長する。そこで彼は選手として競技に参加すると共にサーフィン業界で沢山の事を学んだ。
マイケルはトップブランドであるクイックシルバーにホット・ツナやあオニール、BCサーフボードなどとコラボレートし当時のスポンサーであったスパイダーのウェットスーツをデザインした。
彼はサーフィンを始めた時からずっとサーフボード・デザインに興味を持っていたが、それはコンテストで世界中を飛び廻るうちにいつしか現在のライフスタイルへと変わって行った。そして、自ら自身のサーフボードをペイントしインドネシアを始め、サモア、ガラパゴス、アイスランド、ヨーロッパ各国、オーストリア、パナマやカナダへと旅を通じて現在のスタイルを確立して行った。
もしもマイケルのサーフィンするスタイルを「流れるようなスタイル」と呼ぶならば、彼のリズムやパターン、コラージュの中にそのスタイルを感じる事ができる。彼のアートはペイントされた自身のサーフボードや作品に映像などで観る事ができます。なかでも特に刺激的だったのはFOXやNBCそしてFuelTVで放送されたマリー・クレールとの仕事で、オルソン・カンパニー・アンド・クリエイティング社と一緒に行なった。その他のマイクの活躍ぶりはサーファー・マガジン紙、サーフ・ヨーロッパ紙、ウェイブ紙やスポーツ・イラストレイテッド紙で観る事ができる。
現在マイケルはロサンゼルスを拠点に活動している。

http://torquatostablas.com/

  

市東重明

Shigeaki Shito(市東重明)

  

岡崎生水

Yuhku Okazaki(岡崎生水)